【新刊】学校の面白いを歩いてみた。公立だってどんどん変わる⑦

6月の新刊『学校の面白いを歩いてみた。公立だってどんどん変わる』の著者・

前屋毅さんによる過去の記事をご紹介していきます。

本書と一緒に読んでいただくと、より多くの発見があるかと思います。

2019/6/27発売♪先生や保護者の方、教育に興味のある方々にもオススメの書籍です。

 

第7回は、校則が消えた理由

 

10年をかけて校則が消えていったという、区立の中学校があります。

 

「なぜ靴下は白でなければいけないのか?」

 

今から10年前、当時新任の校長先生がこの質問を教員に投げかけたところ、

誰もその理由を答えることができません。

「セーターは、なぜ紺でなければいけないのか?」

こうして校則についての議論をしていったところ、

少しずつ、校則が消えてなくなっていったそうです。

 

「ダメ」と言わる環境で育ってきた子どもたちは、

「ダメ」と言われない環境に慣れるのに時間がかかります。

 

しかし、「ダメ」と言われないことによって、

子どもたちは、「得るものがある」。

 

校則をなくしたことによるその効果とは。

㈱エッセンシャル出版は、「本質」を共に探求し、共に「創造」していく出版社です。本を真剣につくり続けて20年以上になります。読み捨てられるような本ではなく、なんとなく持ち続けて、何かあった時にふと思い出して、再度、手に取りたくなるような本を作っていきたいと思っています。

(株)エッセンシャル出版社
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町7番10号 ウインド小伝馬町Ⅱビル6階
TEL:03-3527-3735 FAX:03-3527-3736
公式 : https://www.essential-p.com

関連記事