発達障害の女の子のお母さんが、早めに知っておきたい「47のルール」

学校の成績や学習指導よりも前に、
教えておきたい「大切なこと」がここにあります。

 

第1章 診断は支援のための第一歩──医療機関・専門家との付き合い方
「ちょっとゆっくりなお子さんです」の本当の意味/専門家、誰に何を聞いたらいいの?……ほか

第2章 親の行動もわが子の未来を左右する──親としての心構え
褒めるのも叱るのもどちらも大事/怒りの感情をどうやって理解させるか……ほか

第3章 社会から愛されるために必要なこと──日常生活での支援と療育
わが子がパニックを起こしたら/人間の成長には「不自由さ」も必要……ほか

第4章 選択肢が多いほどよい学校選び──健やかな生活を送るために
学校はどうやって決めたらよいか/友だちは絶対に必要ですか?……ほか

第5章 女の子に必要な「学び」──思春期と性教育
思春期からでは身につきにくい性教育/交際・結婚・出産――わが子へのアドバイス……ほか

第6章 療育支援Q&A──知ることで深まるわが子への理解と支援

[相談]何度注意してもやめてくれません
[相談]プライドが高くて注意するとパニックになります
[相談]新しい場所や新しいことが苦手です
[相談]なんでもすぐ触りに行きます
……など

 

【読者の声】
発達障害の女の子ならではの必要な身だしなみマナーの身につけ方
異性とのおつき合いまで、気をつけるべきとことが分かりやすくまとめられています。
まだ少し先の事だと思っていた娘の将来を想像する事が今まではあまり出来ませんでしたが、
少し考えられる様になったと思います。

確かに簡単に信じてしまったり、思い込んで突っ走ってしまうところもあり
見ていて危なっかしいところが多いです。

性の被害者にならないよう安心・安全に生活して行くために、
親として何を知っておいたら良いのかどんな事が出来るのかを
早目に知っておく事ができたので、とてもよかったです。

 

『発達障害の女の子のお母さんが、早めに知っておきたい「47のルール」』
著者:藤原美保
健康ジャーナル社 1,500円+税
*購入はこちらから*

㈱健康ジャーナル社は、「心」と「体」と「社会」の健康を真剣に考える出版社で、「健康」・「教育」・「子育て」のテーマを得意としています。特に”治療”ではなく、【予防になる本】を出していきたいと考えております。
読み捨てられるような本ではなく、なんとなく持ち続けて、何かあった時にふと思い出して、再度、手に取りたくなるような本を作っていきたいと思っています。

(株)健康ジャーナル社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4丁目12番14号 日本橋ケーエスビル4F
TEL:03-3527-3735 FAX:03-3527-3736
公式 : https://www.essential-p.com/

関連記事