【新刊】学校の面白いを歩いてみた。公立だってどんどん変わる⑥

6月の新刊『学校の面白いを歩いてみた。公立だってどんどん変わる』の著者・

前屋毅さんによる過去の記事をご紹介していきます。

本書と一緒に読んでいただくと、より多くの発見があるかと思います。

2019/6/27発売♪先生や保護者の方、教育に興味のある方々にもオススメの書籍です。

 

第6回は、「主体的・対話的で深い学び」の実践には美術館発情報にも耳を傾ける柔軟性が必要

 

「主体的・対話的で深い学び」

 

新学習指導要領の柱となる方針です。

もともとは「アクティブ・ラーニング」という名称でしたが、

この方針が打ち出されはじめたころ、すでにこれを実践している学芸員がいました。

美術鑑賞をするにあたって、

「教える」のではなく、

「鑑賞者自身の目でみえるものを大事にし、そこから考え、

それを仲間に伝え、話し合いながら、より深く学んでいく」

という、「対話型鑑賞」とを取り入れていたのです。

 

従来の「教える」形式での鑑賞よりも、より多くの学びがあるこちらの方法。

 

この方法を、学校の他の授業にも取り入れたらどうか?

そう考えた学芸員は、

県下で興味を持ってくれそうな教員を集め、

あるプロジェクトを始動させます。

美術館と教員の連携による、新しい取り組みについての報告です。

 

㈱エッセンシャル出版は、「本質」を共に探求し、共に「創造」していく出版社です。本を真剣につくり続けて20年以上になります。読み捨てられるような本ではなく、なんとなく持ち続けて、何かあった時にふと思い出して、再度、手に取りたくなるような本を作っていきたいと思っています。

(株)エッセンシャル出版社
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町7番10号 ウインド小伝馬町Ⅱビル6階
TEL:03-3527-3735 FAX:03-3527-3736
公式 : https://www.essential-p.com

関連記事