多様な自分を生きる働き方 ー誰にでもできる複業のカタチー

 

龍太流の複業は、お金だけのためではなく「安心感」「貢献感」「幸福感」を得るための働き方

概要
「複業」という働き方は特別なものではない。
働くことで得るものはお金だけじゃない。
1つの仕事からすべてを得る必要はない。

誰にでもできる働くカタチ。
それが「複業」
家事、育児、ボランティア…
これらだって立派な「複業」なのである。
安心感、貢献感、幸福感、これらを得られる場所を見つけよう。

働き方はひとつじゃない。

多様な自分に合わせてそれぞれのカタチがある。

それを叶えるのが副業ではなく、「複業」

複業の目的は、お金だけでなくスキル、もしくはつながりを得るためでいい。

様々な生き方を見ていくなかで、きっと自分に合う働き方のヒントが見えてくるはず。

1つですべてを得るのではなく、

お金と感謝を別々にもらう生き方をデザインする時代。

自分の生き方をデザインする。

◎ 主な内容

≪第1章幸せな”複業”に必要な、3つの資本・資産を理解しよう≫
・龍太がオススメする「複業」とは
・3つの資本・資産で考える複業
・3つの資本・資産と人物像の8タイプ
ほか

≪第2章年代別の 〝 複業ポート フォリオ〟>
・龍太の考える複業ポートフォリオ
・世代別、オススメなポートフォリオの組み方

≪第3章自分の関心の見つけ方≫
・Will Can Mustで見つけるハッピーセット
・信頼関係構築の知識
・時間デザインの知識
・ワークグラム
ほか

≪第4章最初の一歩の踏み出し方≫
・コラボワークスDoメソッド
・コーゼーションではなくエフェクチュエーション!
・エフェクチュエーションの5原則
ほか

≪第5章複業実践者に聞く、いまむかし≫
・子どもが卒業した50歳
・正社員がイヤ!
・夫婦で田舎で暮らしたい!移住に向けて邁進中
・複業NG企業でもできる複業のカタチ
・虚しさから本屋との出会い。一番やりたかった仕事を主軸に週3の派遣社員へ!
ほか

著者のご紹介

 

中村 龍太(なかむら りゅうた)

日本電気、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)を経て、2013年、サイボウズとダンクソフトに同時転職。
2015年、NKアグリに入社しIoTでリコピン人参を栽培。
現在サイボウズ、NKアグリに加え、コラボワーク代表として事業を模索中。

どちらかが「副」ではなく、どの企業の仕事もメインで大切なものと考え「複業家」と名乗る。
農業×IT の複業で生まれたイノベーションや、複業家としての考え方を伝える講演実績が多数。

こちらも一緒にオススメです