アトピー実戦テキスト

 
本体価格 1300円+税
発売日 2013/5/25
ページ数 128ページ
Amazonで購入する

20冊以上購入されたい方は弊社にお問い合わせください。


カテゴリ

タグ・キーワード

 

患者さんも・医療関係者も・読めばぜったい役に立つ!さらに進化 誰でも即対応可能!

概要
『これで最後の…アトピー卒業ブック』の第2弾!
今回は、「初診時と治療後」の対比ができるカラー写真を掲載しました。その治療効果は一目瞭然です! また、「どの薬を使って、どんな処置をしたか」も惜しみなく公開し、患者さんだけではなく、医療関係者にも役立つこと間違いなしです。さらに前作で伝えきれなかった新しい知見や情報も盛り込みました。『アトピー卒業ブック』とあわせてお読みいただくとより高い効果が期待できます!

日本皮膚科学会が、アトピーの問題に力を入れはじめて10年以上が経過しました。

残念なことに、アトピーの患者さんは減るどころか、重症化・難治化した患者さんが、著者である岸本先生の診療を求めて、各地から日々押し寄せているのが現状です。

岸本先生は福島県会津若松市で診療を行なっていますが、震災の影響もあり、県内の医療状況は思わしくない状況にあり、また皮膚科医の後継者もいないなか、孤軍奮闘する毎日を送っています。

アトピー卒業ブック』、そして本書『アトピー実戦テキスト』を著したのは、何とか現状に風穴を開けたいという願いからです。患者さん自身が、そして医療関係者が、アトピーを重症化・難治化させないで済むようになれば、いまの苦境を脱することができる……そんな、やむにやまれぬ思いの結晶が本書なのです。

アトピー卒業ブック』の続編である本書では、先生がこれまで培ってきたノウハウを、写真とともに惜しみなく公開しています患者さん、医療関係者など、多くの皆さんに参考にしていただければと思っています。

また、著者の岸本先生が一般読者の質問にお答えする動画などを見ることができる公式サイトも作りました。こちらもあわせてご利用ください。

アトピー公式サイト
http://www.essential-p.com/allergy/

◎ 主な内容

臨床写真A~H/ 臨床例A~H
臨床写真I~P/ 臨床例 I~P
・『アトピー卒業ブック』は本当に役に立つの?
・先生が治療に使っている薬を教えて その1 〜ステロイド剤〜
・先生が治療に使っている薬を教えて その2 〜アレルギーを抑える薬〜
・先生が治療に使っている薬を教えて その3 〜免疫抑制剤〜
・Reactive 療法とProactive 療法について教えて
・先生が治療に使っている薬を教えて その4 〜保湿剤〜
・敏感肌に保湿剤は効果があるの?
・伝染性膿痂疹(とびひ)をこじらせないで治すコツを教えて
・アトピーの原因は「食物アレルギー」なの?
・「食物アレルギー」にはどういう種類があるの?
・食べ物が「口」から入ってきて「食物アレルギー」になるのではないって本当?
・石けんや化粧品で「食物アレルギー」になるって本当?
・手荒れで「食物アレルギー」になるって本当?
・アトピーでは全身の皮膚のバリア機能が壊れている!
・皮膚のバリア機能が壊れるといろいろなアレルギーが起こってくる!
・「アレルギーマーチ」に対抗する方法はないの?
・「食物アレルギー」を予防する意外な方法とは?

著者のご紹介

 

岸本 和裕

1970年兵庫県西脇市生まれ。福島県立医科大学医学部卒。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。医学博士。竹田綜合病院皮膚科科長。福島県立医科大学臨床准教授・非常勤講師・博士研究員。アレルギー性疾患のみではなく、良性・悪性皮膚腫瘍の手術(皮弁術、植皮術)、レーザー治療、感染症、自己免疫性疾患、炎症性角化症、陥入爪手術、爪矯正術など幅広い分野の診療を行っている。皮膚科過疎地域での地域医療の傍ら、臨床論文、臨床研究論文を中心に、筆頭著者論文は約100編(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

こちらも一緒にオススメです